正しい『入身』とはどういうものか?:合気道ピンポイント研究

入身とは何なのかを考える

合気道において入身転換は基本になる技法ですが、そもそも入身が何で転換が何なのかという所をつきつめて考えることって少ないと思います。

そもそも入身は正面から相手に当たるってことです。ただ、それだけならどのようにでも当たることはできるでしょう。

どんな入り方も入身は入身ですが、合気道における入身とは、その後にきちんと転換もできなければならないということではないでしょうか?

入身と転換を陰陽みたいな感じでどちらも使えるように入るのが理想の正しい『入身』なのではないかと思います。

『入身』とは相手の正面から中心を取ることでもあり、植芝吉祥丸前道主による『合氣道 復刻版』では、入身が表であり、転換が裏であるとの記述もあります。(1)

まずは入身から、おろそかにすることなくしっかりと稽古していきたいですね。

関連記事

四教論:なぜ合気道の技法には「教」の字が使われているのか?

意外と知られてない武道の哲学を学んでおく:陰陽論入門

参考文献

(1)合氣道 復刻版

合気道 復刻版
created by Rinker

(2)元動画:【合気道カミ解説】入身とはなんなのか? おむすび会 20190323

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です