思い込みをなくして効率を上げる:バイアスの解除方法

人がやっている仕事をみたときに「もっとこうしたらいいのに」と思った事ないですか?

やってる本人は真面目にやっていても、実は思い込みに支配されてしまって柔軟なアイデアがでなくなっていることがあります。

自分がこんなことになるとイヤですよね。

無駄な努力はないとしても、どうせなら楽にやっていきたいものです。

人間ってのはまわりに同じような意見を言う人が3人いるだけで、その意見が一般的な意見だと思い込んでしまうそうです。

こうした偏った状態を統計学や心理学の用語でバイアスといいます。

バイアスというのは「傾いた」とか「偏った」ということを意味する言葉です。

武道や武術でも傾きや偏りは基本的には避けるべきものです。

こうした考えにつかまってしまうと、効率的な考えができなくなってしまいます。

今回はそんなバイアスから脱却して楽するための方法を考えてみました。

                目次                 
バイアスがもたらす問題
何が思い込みなのかを知る方法
思い込みを突破する方法

正しい現状維持を身に着ける

バイアスがもたらす問題

一口にバイアスといっても色々なものがありますが、要するに思い込みです。

現実にはそうではないのに、思い込みによって非現実的なことを信じてる状態がバイアスのかかった状態です。

一般的なバイアスの一つに現状維持バイアスというものがあります。

理由もなく同じことを繰してしまっている状態。

これが現状維持バイアスにかかっている状態です。

同じことを繰り返すのは楽なことです。

ところが、同じことを繰り返していたら、いつの間にか何の進歩もしなくなっていることがあります。

2019年に引退した野球のイチロー選手もNHKのドキュメンタリーでバッティングに完成形はなく、常に変え続けることが大事だと語っていました。

あのイチローであっても変化し続けなければいけなかったのですから、同じことだけやっていることがどんだけダメかはわかってもらえると思います。

正しいと思い込んでやっている単調な現状維持はあらゆる上達の妨げになっています。

何が思い込みなのか知る方法

バイアスの一番の対策は、まずはバイアス(思い込み)があるということを知ることです。

そしてどうすればそれを変えられるかを考えることです。

かつてニューヨークで犯罪率を激減させた方法として「壊れ窓理論」というものがありました。

これは壊れた窓を放っておくと、だんだん他の窓も割られて犯罪が増えていくので、小さな芽から摘んでいけば犯罪率は下がるという理屈です。

この方法でニューヨークは平和になったと考えられていました。

ところが経済学者のスティーヴン・レヴィットはアメリカ全土の犯罪率の統計データを取ることによって非常に不都合な真実を見つけ出しました。

アメリカの犯罪率の低下と最も相関関係があったのは、取り締まりの強化ではなく人工妊娠中絶の合法化だったのです。

中絶が合法化されたことで出産を望まない人が出産することがなくなり、望まれない子供が生まれなくなったことで虐待が減り、

犯罪に走る少年少女がそもそも生まれて来なくなったことで犯罪率は低下したというわけです。

この事実はアメリカ全土で物議をかもしだしました。しかし統計的事実は動かしようのない事実です。

「壊れ窓理論」はもっともらしい理論ではありましたが、統計的にはそれほど大きな効果がなかったこともわかっています。

ですが長い間、この理論のおかげでニューヨークの犯罪率は低下したと思われていました。

このように人はもっともらしい意見を信じやすいのです。

そして信じてしまったときに、思い込みが始まるのです。

こうしたバイアスにかからないためには、データを信用することが大切になってきます。

統計や成功率の高さをきちんと調べれば、どれだけ信用できるかが客観的にわかります。

思い込みを突破する方法

同じくスティーヴン・レヴィットの著書「0ベース思考」には現状維持をやめるとどうなるか、フードファイター小林尊を例にあげて説明しています。(1)

彼はアメリカのホットドッグの早食い大会で、25本だった最高記録を50本という圧倒的な新記録を出して更新しました。

彼はホットドッグをただひたすら口につっこんで食べるというそれまでの常識を捨てたことでこの記録を達成しました。

ホットドッグをパンとソーセージに分離して、パンは水に浸して圧縮したり裂いたりします。

ソーセージも何本かまとめて手で砕いたりすることで、噛む作業にかかる手間を大幅に減らしました。

こうすることで25本が限界だったホットドッグの大食い記録を50本という圧倒的な記録をたたき出しました。

わかってみれば簡単なことです。今ではこの方法論を使って他のフードファイターも60本以上の記録を出しています。

ですが、小林がそれをするまでは現状維持バイアスによって、誰もそんなことをやろうとしていなかったのです。

現状がどうなっているかを理解して、もっと楽にやる方法を考える。

これがバイアスから脱出するための基本的な方法です。

現状を変えた方がいいとわかっていたら、すぐに何か変えてみるのがいいということです。

正しい現状維持を身に着ける

変化をつけるというのがひとつのポイントです。

かつては反復練習の代名詞でもあった筋力トレーニングでも最近では細かく負荷を調整した方がよいことがわかっています。(2)

こうしたトレーニングはピリオダイゼーションと呼ばれ、ただ単に同じトレーニングを続けたり、徐々に負荷を増やしていったりするのではなく、

定期的に細かく負荷や回数を変えていくことで、ただ同じトレーニングを繰り返すよりも筋肉の増加量がアップしたことが確認されています。

このように人間の成長にとって避けるべきことが慣れなのです。

本当の意味での現状維持というのは、変化し続けることです。

人間は現状が楽だから維持してしまうという話をしましたが、

逆に考えれば、常に変えていくことを現状としてしまえば、あとは勝手にその現状を維持してくれるようになります。

変化し続けることが当たり前ということを現状にしてしまえばいいのです。

変化し続ける状態を維持できれば、もはや現状維持バイアスにはとらわれません。

一旦そのことができるようになれば、後は楽なのです。

その為に変化を意識するトレーニングをして思い込みにとらわれないようにすることが重要です。

続きは・・・

単調な現状維持にはまらない為には、色んな変化を起こすことが重要だということを理解する必要があります。

そんなわけで、現代の科学でわかっている効率的な勉強法について知っていればよりよい考えを持つことができるのではないでしょーか。

楽して上達する:科学的学習法を武道やスポーツに取り入れてみる

参考文献

(1)ヤバい経済学(Amazon)

(2)DIAMONDonlineより:大食いを頭脳戦に変えた小林尊の「知られざるすごい戦略」(0ベース思考からの抜粋記事)

(2-2)0ベース思考(Amazon)

(3)ピリオダイゼーション研究論文(英語)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です