合気道を名乗る前の開祖の著書『武道』を適当にまとめてみる

戦前に合気道開祖が関係者にのみ配った希少本の中に『武道』と呼ばれるものがあります。

 

かつてはコピー本が1冊5,000円とかで取引されてたとかで、今でも割りと入手しづらい?っぽいですね。

 

自分も合気道を始めた頃にコピー版の『武道』を貰ったので、個人的に気になるポイントでもあげつらっていこうかなと思います。

目次

『武道』ってどんな本?

何が書いてあるの?

まとめ

『武道』ってどんな本?

合気道開祖である植芝盛平が、まだ大東流の武田惣角の弟子であった頃に陸軍戸山学校で指導をしていました。

 

その学校の校長だった皇族の賀陽宮(かやのみや)殿下の要望で作られたのが『武道』です。

 

関係者に配られた本で、『武道練習』に続く2冊目の本であり、大東流から合気道へと移っていく中での技術の変遷の過程が記録された一冊でもあります。

 

当時は限られた人にしか指導していなかったこともあって、部数もかなり少なかったらしく基本的に出回ってるのはコピーとかだと思われます。

 

当時の開祖は大東流からの独立も考えていたらしく、色んな部分にその予兆を感じることができます。タイトルが大東流ではなく『武道』となっているのも印象的です。どうも1925年以降の開祖はあんまり大東流と言いたがらなかったみたいです。

 

この本には23歳の塩田剛三をはじめ吉祥丸二代目道主などの写真も載っており合気道の歴史を感じられる一冊となっています。

 

ちなみにこの本、弟子の免許代わりに出していたという話しもありまして、大東流武田惣角が渡していた巻物の進化版だとする意見があり、なかなか興味深かったです。

 

そもそも本自体が巻物から進化して、途中からも読めるという画期的なものだったので、なかなか象徴的ですね。

 

開祖の直弟子であり、最も長く指導を受けたとされている斉藤守弘先生が解説本なんかを出されたことでも有名です。

 

詳しいことは知らないのですが、当時の合気道ではあまり武器技の指導が行われていなかったとかで、斉藤先生はこの本の存在を知って自分の学んでいた合気道の存在証明になったとしてかなり喜んでいたようです。

 

英語版では公式に販売されているらしいのですが、どんな風に翻訳されているのかは謎です。金額的にも2,000円前後するので現時点での『武道』の底値もそんくらいかなという気はします。

 

ちなみにマツリくんはアホなのですべて書き起こした上に現代語訳して写真も鮮明なものを集めたりして個人的に『武道・改』をつくろうと画策しておりました。

 

ですが途中で写真の編集がめんどくさくなったので放置してます。

 

原文はこんな感じです。

鉄ト雖異物、間隙アリ鍛錬ニ依リテ鋼トナリ刀ト化ス
実ニ曇リナキ正宗ノ銘刀ハ百練ノ賜ニシテ人ニ於イテモ亦然リトス
相互ニ虚隙ナキ如ク錬磨シ斬レバ必ズ斬リ突ケバ必ズ突クノ気ヲ養イ
誠ノ人トナラザルベカラズ

『武道』より抜粋

 

はい、ご覧の通りの有様です。そして自分が持ってるコピー版は印刷もかなり粗悪なので、読むだけでも結構な苦労が必要になります。

 

れの旧漢字部分とカタカナ部分を一旦現代の漢字やひらがなに直した上で自分なりに要点をまとめたのが今回の記事になります。どんだけヒマなんだ? 合気道の発展の為に頑張りました。

 

現代語訳部分は多少自分の想像も入ってますが、そこらへんは個人の意見っつーことでひとつよろしくお願いします。

『武道』の内容

武道は基本的には植芝盛平が大東流なんかを学んだ上で創作した武道の技術書といった感じです。目次とそのおおまかな内容に触れていきます。

 

太字が武道のざっくりした内容の現代語風の要約になります。

道文

武道について言魂、火と水でカミ、神人合一、祓い清めるなどの宗教的解釈

森羅万象あらゆるものを利用して武を上達させつるぎとなることを目指す

大本教の思想などを取り入れたらしい短めの合気道でもみられる思想が書いてあります。

法について

顕幽などの心と体の両方が重要であるとする合気道的な思想と、みそぎ、真の武は筆舌にはつくしがたい事、つるぎ業、剣としての武道といった内容の道歌

この辺りの思想は武産合気などでも大きくは違っていません。

練習上の心得

かつては合気道の道場には必ず掲示してあったそうです。調べればネット上にあるので割愛します。

技法真髄 第一 心身変化の理

敵は神からの賜りもの

晩年の開祖の思想でもあった「敵そのものをなくす」へと続くような考えが書いてあります。

 

冷静さを失わなければ自分の思う通りに全身を一致させて入身し中心を取り敵を滅却できる

敵に対する処理の仕方の表現が合気道よりも刺々しい印象があります。滅却ですよ滅却。

 

剣で対峙するということはそれ自体が禊ぎのようなものであり、神の心のままに剣を振ることができれば長久に栄え、四魂を一つにすれば心も体も剣となり光る

剣がすげぇ大事という思想はこの頃からあったようです。

 

やっぱ、スポーツで筋肉とかはつくかも知れないけど、魂は鍛えられねぇんだよなぁ。魂と一致した美しい肉体は稽古して悟っていくしかないんだよなぁ

こちらは武産合気でもお馴染みのスポーツ批判です。

第二 修業の方法

体の変化(今でいう転換)は一をもって万に当たる道であり、一から万を生み出すという感じでやること

心は澄み切らせて動じないようにしとけ

心身の一致と動じない心、このあたりの考え方も合気道とも変わりません。さらに以下3つの小項目が解説されます。

入身において

敵が剣でくるときは、左足が前なら相手の右後ろへ右足で入身する。右足なら左後ろという感じで、入りやすい方に入身する。

入身の基本ですね。

 

この時に同時に背後の敵にも攻撃を加える。

合気道と比べて違うと感じるものの一つが対複数を想定しているっぽい文章が多いという点です。

 

自分の体勢を崩さずに両手で相手を崩すという感じで安定した体勢からの左右の手による攻撃を加える。

このあたりの文章からは、当身+崩しが同時に行われていたと考えられます。

体の左右の変化

転換の動作を電光の速さで行うことで、前後左右どこにいる敵にも対処できる。

体の左右の変化というのは、どうも足捌きの話らしく、左足前の時に右足を大きく引くことで、体勢を360度自在に変えられるといった話をしています。

入身転化

敵がこちらに向かってくる時は突進入身してそのまま前足を軸に左右に入身して周囲の敵を倒す「技は電飛の如く入身転化し打つ事雷撃」っていうけど、それはまだ見えてるってことだから、宇宙の神の働きのように目に見えないところまで進めていこう

そして合気道でもお馴染み入身転換の登場です。

第三 正面の鍛錬

敵を打つときは完全に宇宙と一体となり、自分自身を剣と一つにして行い、敵が何もできないタイミングで打ち込む。

ここで面白いのは打ち込む側、合気道でいったら受の方の打ち方をちゃんと指定している点です。

 

敵がこんな感じで打ち込んできた時は、これも天の采配と楽観して、すべてを包み込んで支えてやるような気持ちで向かえば敵の動作が見えるのでそれに合わせて左右に躱すことができる。

最初に正しい打ち方を説明しておいて、それすら回避できるからなぁ!という感じでコレが出て来ます。まぁこの辺はあくまで理想って感じもしますね。あと相手の攻撃を誘えということがここから頻出します。

 

電撃雷飛よりも早く動く必要はあるものの、どんなに敵に圧迫されて絶体絶命の状況でも道はある。それを踏まえた上で敵に圧迫されないように心がける。

体の変化と入身転換であらゆる状況を打破できるけど、そこまで絶体絶命に陥ったらダメですぜ、ということですね。

 

この他には精神論的に戦いも神からの贈り物であり、神の意気(イキ)と戦闘の呼吸(イキ)を対照的に稽古していこうという陰陽的な話がでてきます。

第四 横面の鍛錬

横面打ちは相手の肩口から切り下ろす気持ちで打ちましょう。

ここでもまずは受側の打ち方からはじまっています。

 

それに相対する側は、その出方を理解して相手の気を誘いつつ左足を軽く引いてタイミングをズラしつつ打ってきた相手の手を両手で掴んで自分の右前へと投げる。

動き的には四方投げっぽいかなと思います。合気道は剣が基本になっているといったことがよく言われますが四方投げは剣を意識しやすい動作であり、合気道以前から大事にされていたことがわかります。

 

これは相手の全力を自分の有利な方向へと集めて、タイミングを取りつつ左側面から薙いで正中を突き破り、または転化して敵の右後ろから斬り払い殲滅させる戦法の一部である。

ここでもやはり対複数の考え方が出て来ます。またこの他に立地などあらゆるものを利用することと、そこらへんの戦略は口伝でっせということが書いてあります。

第五 手の業

手と足と腰の心からの一致は心身を守る上で最も重要なことであり、人を導くにも導かれるにも手によって行われる。

単純に手を動かしたり引いたりするよりも、やっぱり足と腰とを一致させるというのも合気道とも一致してますね。

 

一方で導きながら一方で倒すということをよく理解しなければならない。敵が引こうとした時は、敵をして引く心を起こさせるように仕向ける。

手は導きに使うものであり、両手があるので陰と陽、ふたつの事を同時に行うといった考えがあるようにも感じられます。このあたりは面白い記述が多いです。

 

武術の鍛錬が出来て来ると、敵よりも先に敵の不足を満足させるべく、敵の隙すなわち不満の場所を見出して業をかける。この隙を見出すのが武道であり、真の武道は敵が己の敵対心を喜んで無くさせるようにならなければいけない。

この頃から徐々に合気道らしさみたいなのが滲み出てきているような気がします。

 

隙のない大和魂をつくりあげ、世界のすべてが敵になった時であっても入身転換法合気によって、心より征服する稽古が必要である。武人は心と体の両面から神に奉仕し、自己完成を目指す。

入身転換をめちゃめちゃ推すあたり、なんかこれによって悟るところがあったんじゃないかと想像できます。

第六 後の鍛錬

後ろから敵の隙をついて掴むという事は、掴まれる方もそうだが、掴む方も自分の心に油断を与えてしまうので非常に危険が伴うため大いに注意しなければならない。敵のほうが腕が上なら背後にも備えている可能性があるので却って危ない。

後ろ技の考え方についての説明、基本的に背後から襲いかかるということは襲いかかる側にも隙ができるし、襲われる側もきちんとした鍛錬が必要だということで稽古するようです。

 

後ろ襟を掴まれることは背後の敵が刀を真っ向から振りかぶって切ってくるのと同じ事である。

後ろ襟を取られたら速やかに体をかわして敵の心を圧し潰すために敵の面を打つか、面と水月を同時に打って敵の心の窓を閉じる。

合気道で手首などを掴むのは攻撃の代わりといった事が言われることがありますが、この考え方も同じようなことでしょう。ちなみに転換では相手の背後まで入り込むことを重視しているような文章が多かったです。

 

以上の解説は万の技の一端であり全技に対する奥義となる。兵道及び技の詳しい解説はページ数に限りがあり時を得て実修の際に伝授する。

以上で各業の考え方の説明は終了で、次からは写真付の各業の解説となります。ただ写真はご覧の有様なので、だいたいどんなことをやってるかだけを説明していきます。

植芝塩田

コーヒーの染みかな?(植芝盛平と若かりし塩田剛三です)

技法図解並解説 準備動作

(一)構え:攻めの意気と半身で対峙する。全ての構えは場所、時刻、位置、土地の高低や勢いに左右されるので、構えは心にある。

とりあえず半身に構えろという合気道でも基本の話ですね。

 

(二)入身:左手を掴まれたら入身転換して掴まれた手を切り、そのまま面をうちながら後ろ襟を掴んで右前肘で相手の首を押し下げて倒す。

入身の稽古として、入身転換からの呼吸投げといった感じの動作が出てきます。

 

(三)体の左右の変化:左手を掴まれた状態で踏み込まずに体の動作で転換

稽古はじめの準備運動みたいな動きに似ている転換の稽古ですね。

 

(四)入身転化:左足から入身に入りつつ更に体を転化する

なんと入身転化、今で言う入身転換の稽古の項目はこれしか書いてありません。体の左右の変化の踏み込むバージョンという感じなんでしょう。

第三 徒手対徒手 正面 ※技名はほとんどないので特に言及がない限り合気道で近いものにしています。

(五)第一法(1教)

(六)第一法(裏?)

「第一法と称す」としながらほぼ正面打ち1教の動作がでてきます。違いは2点で、「我より進んで攻撃すること」として自分から攻撃して相手に受けさせてから始まる点と、最後の一教抑えが相手の腕を股間のあたりで抑えるといった感じになっているところです。

 

続く(六)は「敵正面を打ち来る時」として今度は合気道でもお馴染みの正面打ち一教の形が出てきます。自分からの行った場合と相手から来た場合で今でいう裏と表のように区別していたのかも知れません。

 

(七)相手の右の正面打ちを導いて、入身して左で肋を突き右で敵の手刀を切り下ろす。背後に回って入身投げのように相手の顎を押して倒す。(実戦では面を打つ)

正面打ち入身投げ的な動作です。この頃はやはり実戦では面を打つとか、攻撃的な側面がしっかり残っていますね。

 

(八)正面打ち小手返し

(九)第2法(2教)

(十)第3法(3教)

正面打ち小手返しはそのまんまです。2教、3教も今と変わりませんが、この2つは第一法と同様に自ら攻撃して受けさせてから仕掛ける形になっています。

徒手対徒手 横面

(十一)横面打ち入身投げ

こちらは現在の合気道の横面と違って相手の横面を斬り払いながら面打ち、肋突き、入身投げへと入っていくようになっています。どっちかというと腕を合わせた状態からかける入身投げという感じです。

 

(十二)横面打ち四方投げ

特に四方投げという言及はないですが、「第四 横面の鍛錬と同様に」という文章があり、写真的には明らかに四方投げです。当時は四方投げとは呼ばなかったのか何なのか、この辺は深く掘ってみると面白いような気もしました。

 

(十三)横面打ち1教

(十四)横面打ち2教

横面打ち入身投げの動きで1教に移行。2教は自ら攻撃して移行。

 

(十五)横面打ち第四法(4教)

第四法として4教が登場します。なぜ横面打ちからいきなり4教が出て来るのかはよくわかりませんが、『武道』には1~4教が法という名称で登場します。この4つは当初から基本の中にあったと考えられます。

投げの鍛錬

(十六)両手取り四方投げ表

(十七)両手取り四方投げ裏

こちらも合気道とそんなに変わらない両手取り四方投げです。抑えまで一緒だと思います。基本的に四方投げは微妙な変化はあるでしょうけど、昔から変わっていないように見えます。

合気の鍛錬

合気は練習の徳によって自然に習得できるから詳細は口授する

ということで「合気の鍛錬」には写真のみで詳細はまったく書いてありません。まぁ写真を見る限り口では説明しにくい掴まれたまま崩していく鍛錬っぽいです。

 

(十八)片手を握らせて崩す

合気の鍛錬

写真で見る限りは相手に引かせておいて、それを下に崩すという感じなんじゃなかろうかというくらいしかわかりません。

 

(十九)両手取り天地投げ?

(二十)大きく動かない突き入身投げ?

みたいな感じかなぁといった感想です。写真しかないので。

横面の鍛錬

(二十一)横面打ちの対処

合気道でもお馴染みの横面打ちを片方の手で制しながら、もう一方は面を打つアレです。

後の鍛錬

(二十二)後ろ襟取り呼吸投げ

敵が後襟を引こうとした瞬間、右足を軸に左転回しつつ敵の右後ろに進み左手で面、右手で水月を打ち倒す

 

(二十三)後ろ襟取り1教

後ろを引かれた時に瞬時に転換して対処する鍛錬(二十二)と後ろ両手取り1教みたいな感じでかける鍛錬っぽい。

 

(二十四)後ろ襟取り呼吸投げ(左転換)

(二十五)後ろ襟取り呼吸投げ(右転換)

どちらも後ろ襟を取って押してきた場合、短刀などで刺された場合の想定みたいです。相手が取ろうとする瞬間に左右どちらかに転換して当身を入れるようです。

 

(二十六)後ろ両手取り呼吸投げ

これは合気道でもあるやつです。

第四 徒手対刀

(二十七)剣への正面打ち小手返し

(二十八)剣への入身投げ

(二十九)正面打ちに入身して当身

対武器への動作、小手返しと入身投げは普通ですが(二十九)は合気道ではあまり見られない当身で相手を倒すタイプの動きになっています。

 

(三十)剣氣を練り機を見抜く眼を養成する(ママ)

まさに斬ろうとする気には隙があり、自己の気を充実させ敵の虚隙を看破り白刃の下であっても、明らかに道を自分の心に求めるよう錬磨せよ。

鉄といえども異物である以上は、間や隙があり鍛錬によって鋼となって刀になる。曇りなき正宗の銘刀は百練の賜でありこれは人であっても同じことである。

相互に虚や隙がないように錬磨し、斬れば必ず斬り突けば必ず突くの気を養い、誠の人をめざす。

冒頭の引用の現代語訳はこんな感じだと思われます。斬れば斬り、突けば突くというのは合気道においても大事なことでしょう。

 

この稽古は相手がまさに切ろうとする瞬間を転換して切り抜けるといったもので、ヤバイ状況に慣れとくみたいな意味もあるのかも知れません。

横、面、胴

(三十一)口伝

それだけです。

短剣

(三十ニ)短剣もしくは拳銃への入身投げ(七)の応用

(三十三)短剣への正面打ち小手返し(八)の応用

(三十四)短刀取り(第一法の応用・5教)

入身投げと小手返しはやはり武器への対処としては基本のように扱われています。そして(三十四)は合気道なら誰でも知ってる5教です。これが第五法ではなく第一法の応用って所はちょっぴり興味深かったりします。

 

認識としては5教は1教の応用って人は多いのではないでしょうか?

第五 刀対刀

(三十五)籠手打ちへの変化

とうとう刀対刀です。相手の小手を導いて入身して相手の小手を斬る。晩年の開祖が武器の演武なんかでやってるやつですね。

 

(三十六)正面打ちへの入身転換

(三十七)正面打ちへの入身

(三十八)正面打ちへの切り落とし

(三十六)面打ちを入身転換して面を斬る。(三十七)相手が振り上げた瞬間、喉元に刀を入れる。(三十八)切り落としのように同時に打ちこんで相手の刀は反らし自分の刀は中心を取る。先を取るような感じの稽古っぽいですね。

第六 銃剣

(三十九)銃剣突き入身投げ

(四十)銃剣突き1教表

(四十一)銃剣突き1教裏

(四十二)銃剣突き入身

(四十三)銃剣突き転換

いよいよ銃剣のコーナーですが、ぶっちゃけこれは杖です。というか写真はすべて銃剣ではなく棒で行われています。

 

そして内容もほぼこれまでの動作の応用みたいな感じになっています。最後に槍に対しては銃剣に準ずるとも書かれていたので、だいたい槍的な使い方をする武器全般ってことなんでしょう。

 

ちなみにこの後、なぜか棒の突き呼吸投げっぽいことをしている写真だけ載っていますが、これといって説明もないという謎の写真があります。

第七 終末動作 体の変化

(四十四)四方投げの鍛錬

「投げの鍛錬に準ずる」として四方投げの相手を床に倒さないバージョンが出てきます。四方投げの鍛錬のひとつなのでしょう。全体を通してけっこう四方投げが重視されているようなイメージがあります。

気力の養成

(四十五)座り業呼吸法で下から崩す

(四十六)座り業呼吸法で横から崩す

(四十七)座り業呼吸法で脇を開けさせて崩す

(四十八)座り業呼吸法ですくい上げて崩す

合気道でも終末動作といえばやっぱり呼吸法です。色んなバリエーションの崩し方があるということが説明されています。文章では説明仕切れないですし、写真でもやっぱりハッキリはしないですね。

 

呼吸力養成法ではなく、気力の養成となっているのも興味深い所ではあります。

臂力の養成

(四十九)臂力の養成は口伝

養神館でやってる、手を持たれて行う1教運動みたいなやつですかね? 写真もなんもないですが武道には塩田剛三先生も出てるので、一緒なんじゃないかなーと思います。

背の運動

(五十)背の運動

両手取りから相手を背中に乗せて伸ばしてやるやつ、合気道ではやってる人もいますね。昔は稽古の一連の流れの中に組み込まれていたのかも?

まとめ

以上がおおまかな『武道』の内容になります。

 

見て貰えればわかるように大枠は合気道に近くて、四方投げ、入身投げ、小手返し、呼吸投げ、第一法~第四法、5教的な短刀取り、座り業呼吸法、など明らかに合気道の原型となっているものが出てきます。

 

今の合気道と違う部分と言えば、自ら進んで攻撃する技がある点や対複数の意識、技をかける時に背後に注目したりといった文章があることなどがあげられます。けっこう当て身メインの技があるというのも面白いところです。

 

塩田剛三先生が開祖の言葉として「合気道は当て身七分、投げ三分」と言っていたと証言していますが、これはこの時代の形から来ているのではないかとも思えます。

 

あと、やはり敵を殲滅とか、相手を倒すという文章はなんかまだ 中二病 攻撃的な印象がありました。

 

当て身と崩しや投げが同時に行われることや、複数の相手を常に意識するといったことは現在の合気道でも意識しておいていい部分かも知れません。

 

あと技の名称なんかは似ているようで違う技とか、名前のないやつとかあるので、あくまで参考程度に考えて貰えればよろしいかと、多分、斉藤先生の武道解説本とかでは別の技名になってた気がします。

 

まぁ自分の主観があるとはいえ、武道のおおざっぱな部分は説明はこんな感じなので、よっぽど詳細に研究したい人以外は読む必要もないかなと思います。

 

参考:植芝守高『武道』

関連記事

開祖の思想についてはこの辺をご参照ください。

ワンネスの武道的な解釈:すべてはひとつ?!

言霊についての合気道スーパーマニアック考察

開祖の魔法の言葉『一霊四魂三元八力』についての合気道スーパーマニアック考察

合気道が1教~4教をメインにしているのは何故か?という考察は四教論をご参照ください。

四教論:なぜ合気道の技法には「教」の字が使われているのか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です