大舞台で緊張したくないなら「はじめから勝っている」の精神でいけ

スポーツでも武道でも仕事でも、大舞台では緊張するもんです。

中には緊張しすぎて何もできなくなっちゃう、みたいな人もいます。

そういう時、どうすればいいのかという科学研究があります。

でもそれって合気道の開祖が言っていた、

「戦う前からすでに勝っている」という言葉と一緒だなあと思ったのでそのあたりのことをご紹介します。

            目次             
プレッシャーに負けない考え方
なぜ再評価するのか?
「はじめから勝っている」の精神

プレッシャーに負けない考え方

カリフォルニア工科大学ではスポーツの大舞台で緊張して力が出せないのはなんでなの?という研究が長年行われています。(1)

こうした現象はチョーキング(首を絞められてるような状態)とかイップスとか呼ばれています。

カリフォルニア工科大の研究では以下のことがわかっています。

1.自分の得られる報酬が大きければ大きいほど起こりやすく、強くなる。

2.自分の報酬を失いたくないという考えの人ほど起こりやすい。

 

そして、参加者にギャンブル要素のある運動的なゲームをさせて、MRIを使って参加者の脳や皮膚の状況をチェックすることで、

こうした現象にどんな対策がとれるかを研究しました。

その結果、ある条件では緊張やチョーキングによるパフォーマンスの低下を抑えることができることがわかりました。

それは参加者にこのようなアドバイスをした場合です。

勝っている時の考え方

・ポケットには一円も入っておらず勝てばお金がもらえる。

・負けても何も持っていない最初の状況に戻るだけ。

・ゲームに勝ってお金を稼いだらどうなるか想像する。

負けている時の考え方

・賞金はすでにポケットの中で、負けた場合はそれを相手に支払うだけ。

・負けたらただ単に自分のお金を失うだけ。

・負けてお金を失うときのことを想像する。

 

勝っている時は勝って賞金を得ることだけを考えます。

逆に負けている時は負けたてもダメージはないということを考えます。

こうすると賭ける金額が上がるにつれて低下していた参加者のパフォーマンスが大幅に改善しました。

このような戦略のことをカリフォルニア工科大学ではリアプライザル(再評価)戦略と呼んでいます。

現在の状況を再評価して自分にとって状況はよいのだと捉えることで、プレッシャーに強くなるのです。

なぜ考え方が大事なのか?

スポーツやゲームに勝ち負けの要素はつきものです。

結果が出る以上、勝ちと負けは意識してしまうものです。しかし、勝負に強い人や勝ち続けている人ほど目先に勝ち負けにこだわっていません。

勝負の世界にいる人たちの発言からみてもこれは明らかです。

勝ち負けにはもちろんこだわるんですが大切なのは過程です。
結果だけならジャンケンでいい。

羽生善治

(棋士・初の永世七冠:七つのタイトルを通算で5年~7年間保持)

 

今日の試合に勝とうと負けようと、ここに至るまでの自分自身の価値が変わるとは思わない。そして明日は今日より成長する。今日の結果には左右されない。

梅原大吾

(プロゲーマー・日本人初の格闘ゲームのプロ、世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマーとしてギネス記録を持っている)

 

リスクを取れば、失敗もする。成功率70%の賭けは、30%の確率で失敗します。
現実が30%の方に振れて損失が出ても、淡々と次の勝負に向かえる人が、やはり強い。

木原直哉(ポーカー・日本人ではじめてポーカーの世界選手権を制する)

 

このような感じで勝利を多く手にしている人ほど、確かに勝敗は大事だけどそこにこだわってはいけないという考えを持っています。

勝ち負けにこだわりすぎると、自分のパフォーマンスを下げてしまうのです。

こうした考え方をてっとりばやくできるのが再評価戦略です。

負けを意識しすぎたり、勝ちを意識しすぎたりしないようにバランスを取る考え方だと言えます。

こうした考え方は守りに入ってパフォーマンスが低下することを防いでくれます。自

はじめから勝っているの精神

合気道の開祖、植芝盛平は「大いなる無抵抗主義」「はじめから勝っている」といったことをよく稽古の時に言っていたそうです。

わたしと争おうという気持ちを起こした瞬間に、敵はすでに破れているのだ。

合気道は無抵抗主義である。無抵抗なるが故に、はじめから勝っているのだ

。邪気ある人間、争う心のある人間ははじめから負けているのである。

 

これは植芝盛平流の再評価戦略と言えるでしょう。

「争う心ある人間ははじめから負けている」とはまさに勝ち負けを意識してしまっている人のことではないでしょうか。

つまりこの精神は合気道の基本です。

はじめから勝っているという考えは、達人や天才などの一握りの特別な人がする考え方のように思えますが、

逆に最初にまずこの発想を持ってから勝負の挑むのが肝心なのかも知れません。

ただし武道においてはこれだけで満足してはいけません。武道ならば心も体も勝っていなければいけないのです。

この精神を持ったうえで、物理的にも勝っている状況・状態・姿勢をつくれるようになっていくことが大切でしょう。

とりあえず心構えとしては、「はじめから勝っている」という気持ちが大事ではないかというお話でした。

関連記事

瞑想で楽して達人を目指してみる:瞑想の科学的効果

参考文献

(1)カリフォルニア工科大学研究論文

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です