ベジタリアンとビーガンの確執から学ぶ差別と同族嫌悪の科学:武道武術に仲の悪い流派が生まれる理屈

 

武道武術の流派同士のいがみあって決闘みたいな話は物語では定番ですが、

現実にもあの流派とこの流派は仲が悪いみたいな話もあります。

最近の科学研究によると、こういうことは起こるべくして起こっているみたいです。

ただどうしてこんなことが起こるのかというと、実は知識が足りないだけみたいなので、そこらへんを変えられたらいいんじゃないか?

どうしたらそんな争いは減らせるのか?そんなお話です。

     目次     

差別をする人は頭が悪い

似ている者ほど憎みあう

違うもの同士を結ぶ

差別をする人は頭が悪い

差別と知性の相関関係を調べるといった内容の論文が発表されて、一部で話題になってました。(1)

この論文はこれまでに行われた研究論文をまとめてメタ分析を行ったもので、

年齢や知性、年収といった要素を調整しても、知性が低いほど差別主義になりやすい傾向があることがわかったそうです。

基本的に偏見というのは、賛成と反対の両方の意見をきいたり、ちゃんとした文献をみたりすれば減らすことができます。

知性が低いとこうしたことを考えるのがめんどくさいので物事を単純にしたがる傾向があるみたいです。

もしかしたら自分の考えって間違ってるかも、みたいなことを心のどこかに置いとくのは大事っぽいです。

バイアスがかかってしまうということもあるので。

知性に関しては宗教的な人は頭が悪くなるという研究もあります。(2)

ちなみにコチラは単純に頭が悪いから宗教を信じるんだぜという話ではなく、

なんらかの宗教を信じていると、その考え方に影響されてよく吟味せずに不合理な選択をしてしまう場合がある、という感じの結論です。

昔、某宗教をやっている人が「神の声が聞こえたから友人の借金の保証人になった」みたいな話をしているのを聞いたことがあります。

酒は飲んでも飲まれるな、じゃあないですが、宗教も信じても信じさせられたらいけないかもですね。

所属するグループの意見とか、教えとかを一番だと思いたくなるのは人情ですが、あえて反対意見を知っておくってのも手でしょう。

武道や武術もこんな宗教的なところがあります。

信じるのはいいんですが、やっぱ武道武術なので実際に稽古して、使ってみて、研究した上で信じたいものです。

似ている者ほど憎み合う

こちらはアダム・グラントの著書『ORIGINALS』より、似た者同士な組織ほど相手の些細な違いが許せなくなるとのことです。(3)

ORIGINALS誰もが「人と違うこと」ができる時代
created by Rinker

野菜を食べる菜食主義者にもいろいろありますが、菜食主義をつらぬくビーガンは卵などの乳製品を食べるベジタリアンのことを、中途半端な連中だと評価する傾向があるようです。

最近ではシーガンなる貝ならOKみたいな派閥もできてるみたいですが、こういう派閥ごとの違いが争いのもとになるっぽいです。

その他にも『ORIGINALS』ではギリシャで行われた最も保守的な政党の党員は、革新的な政党よりも自分たちに似た政党に対して避難を示し、

最もリベラルな政党の党員は中道寄りの政党に辛らつであるといった研究が紹介されています。

まあ、同じ商品を売ってる会社なんかのことを考えれば当たり前と言えば当たり前の話ですが・・・。

こういったのは武道武術でもよくありそうな気がします。

武道武術が格闘技では通用しない、みたいな話も似ているからこそ出て来る話だと思います。

逆に剣や、槍、弓なんかの人に、格闘技のリングに上がって戦ってみろという人は少ないでしょう。

このように、武道武術での争いは起こるべくして起こっているとも言えるのデス。

自分が関係ないときはプロレス的な面白さがあったりもしますが・・・。

違うもの同士を結ぶ

間違った情報を信じている人の考えを変えさせるには、相手が自分が思っているより知識がないということを理解させるしかない、という研究もあります。(4)

調べると自分の考えが間違っていることがわかってしまう人は、知らないことを盾に強固に反論するとのことで、これも知識を得ようとしない行為だと言えるでしょう。

アダム・グラントは『ORIGINALS』で、こうした問題の解決方法として相手との違いではなく、共通点を見つけることで違った者同士が手を取りあうことができると主張しています。

かつてアメリカでまだ女性に参政権がなかった頃、婦人参政権運動を行っていた団体とキリスト教禁酒連合が同盟をつくりました。

一見まったく関係なさそうな組織ですが、キリスト教禁酒連合が婦人参政権を「飲酒という暴虐から家庭を守るための武器」と捉えることで強力な同盟関係を築くことができました。

こうしてアメリカの多くの州で婦人参政権が成功したとのことです。

他者の価値観を変えさせるのはむずかしいが、自分たちの価値観と相手がすでにもっている価値観の共通点を探し、結びつけるほうがずっと簡単である。

アダム・グラント『ORIGINALS』より

 

過激な意見は強烈な印象を与えますが、賛成する人は少なくなります。

節度ある意見は面白みはありませんが、多くの人に受け入れられます。

こうしたふたつの意見の間を取ることが重要であり、これもひとつの陰陽の考え方だと言えるでしょう。

違うものなどなく、共通点がみつかれば結びつけることもできるというわけです。

というわけで、反対意見の人や組織とも共通点を探してみるというのはいい突破口かも知れません。

武道武術においては人間の基本的な共通した部分を見つけるというのは、相手を攻略するうえでは重要なことです。

稽古として、意見の違う者でも共通点を見つけて攻めてみるというのは面白いかも知れません。

関連記事

陰陽の考え方は色々なところにあるように思います。

意外と知られてない武道の哲学を学んでおく:陰陽論入門

参考文献

(1)明るい心と暗い態度:認知能力の低さがグループ間の接触が少ない右翼イデオロギーを通して大きな偏見を生むと予測される(英語論文)

(2)推論と宗教の負の関係性は特に直感と論理が矛盾する場合にバイアスによって引き起こされる(英語論文)

(3)アダム・グラント著『ORIGINALS誰もが「人と違うこと」ができる時代』(Amazon)

ORIGINALS誰もが「人と違うこと」ができる時代
created by Rinker

(4)遺伝子組み換え食品の反対者は最も無知だが最も知識があると思っている(英語論文)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です